RIZ-tm-hiyama.png




TOPTOPひやま農場についてひやま農場について米米ショップ米米ショップお問い合せお問い合せリンクリンク

ひやま農場の物語り

1952年(昭和27年)の当別の稲刈り風景の写真1952年(昭和27年)の当別の稲刈り風景

1950年(昭和25年)

父、桧山喜三(故)が当別町蕨岱の原野に鍬を入れて馬と人力で開墾が始まりです

1958年(昭和33年)

桧山 雅一(本人)生まれる
父・母 長女 二女 長男 と 5人家族
地元 蕨岱(わらびたい)小学校 当別町立中学校そして高校卒業後、農業後 後継者となる

1985年(昭和60年)

27歳 自然栽培、有機栽培に興味を持ち、農薬を使わない栽培を始めたが家族の理解が得られず3年で断念… 以降慣行栽培となる

2005年(平成17年)

農業情勢も変わり 個人のお客様に直接販売を開始し始めました
農薬の使用量を極限まで減らすお米の栽培がスタート

2008年(平成20年)

「冬みず田んぼ」有機栽培を開始 以降様々な農法を取り組み開始

2010年(平成22年)

(有)MOKUの繋がりで「奇跡のりんご」木村秋則さんと出会う
以降「自然栽培」に取り組み現在に至る

木村秋則さんのオフィシャルホームページ
http://www.akinorikimura.net

ひやま農場の物語り

住所

 〒 061-0214
  ほっかいどう いしかりぐん
 北海道石狩郡
  とうべつちょう わらびたい
 当別町 蕨岱 5684

連絡先

 電話 0133-23-4312

FAX 0133-23-4307
 メール information@riz-japan.com

地図クリックすると拡大表示します

発芽を待つ苗の写真発芽を待つ苗
田植え作業中の写真田植え作業中
木村秋則さんとの写真木村秋則さんを迎えて

ひやま農場の物語り

「自然から 学べ」
奇跡のりんごの木村秋則氏からいただいた言葉です。
以来、農はもちろん、すべてのことは自然から学ぶことにしています…
ふしぎなことに、なんだか体も心も楽になってきました。

晴天の日に、大の字に寝て青い空を眺めていた時がありました…
青い空の一点を眺めていると、そのまた奥の色がとても濃い青。
そして、その先は行ったこともない宇宙…なんだなぁって…
とてつもない広さの宇宙の中の地球は、針の先の点にも満たない大きさ…
そう思うと、じぶんのことがとても小さく見えてきた…
「ぼくらの進む道は、仕事やお金を稼ぐことばかりではない」と言われているような…

たしかに現世はお金も必要でもある。
ぼくらの着るもの、乗るもの、そして食べるもの、すべてが自然からの贈り物だ。
自然はいつも無償で与えてくれている。
そして、自然が創り上げたものはすごい。
ぼくらは「種」を改良することができても、「種」そのものを創りだすことはできない…
「種」は最高のコンピューターだ。土と水と光があれば、稲の種は稲になり、トマトの種はトマトになるようにプログラムされている。
自然の成せる技…

薬も化学製品も、とても危険なウランも、この自然界に存在している。
ぼくらは、これらの使い方を間違えているのでは…と思います

自然から学べ みんなが しあわせに なれるよ

自筆サイン

桧山雅一の写真